今月のイベント

ZOOMオンライン:0~2歳児ママのおしゃべり会

   11/20(月) 10:00~12:00 ¥2000 詳細>>

福岡ママ学・おしゃべりランチ会 

   日時未定 10:00~ ¥3600  詳細>>

■下関・大人のセキララ♪おしゃべり会

   11月29日(水) 10:00~12:00 ¥2000 詳細>>

お問い合わせ・お申し込みはこちらから >>

■■■|■■■|■■■|■■■|■■■|■■■|■■■|■■■|■■■|■■■|■■■


2017年11月15日水曜日

【お客様の感想】子どもが「早く幼稚園行きたい」と言うようになりました






4歳児のママさんより

ハグを始めてからすぐの帰宅後
「ずっとこうしときたい」という気持ちを伝えてくれました。

そして、続けるうちに気持ちが落ち着いてきたのか、
「早く幼稚園に行きたい」といきいきした表情で幼稚園へ行くようになりました。


幼稚園児のママさんから相談を受けました。

園でイヤな想いをすることがあり
「幼稚園 行きたくない」と言うそうで

ママは心配されていました。


幼稚園や学校の集団生活は
子どもにとっては
ストレスの多いものです。

もちろん、そういう中で
もまれて鍛えられて行く部分もありますが

気持ちを押さえたり、ぶつかったりするたびに
ハートのエネルギータンクが
減っていって

やがて ガス欠を起こしてしまいます。


そうすると、小さな子は
「行きたくない」というふうに
気持ちが傾いてしまいます。


ママはゆっくり相手をしてあげたいけれど

お迎えのバスが来たり
仕事に出かけなきゃいけなかったり

朝のせわしい時間に
子どもの気のすむまで
付き合ってあげることは難しいですよね。


そこでふたつアドバイスしました。

ひとつは、
帰宅してからハグの時間をもつこと。

もうひとつは
おはなしを聞いてあげる時のコツについて。


何週間か実践されて
上のような報告をしてくれました。

よかったですねー!!!

私まで すごくうれしくなりました。


母親ってね
特別なことをしなくていいんです。

ママにハグしてもらうだけで、
子どものハートのエネルギータンクが
補充されるんです。

タンクがいっぱいになったら
子どもは親のそばを離れて
また元気に飛び出していけるもの。


もうひとつのアドバイスには
「まだうまくできないんです」とのことでしたが

上手にしようとしなくても大丈夫。

聞くときのコツを意識することで
以前よりも
子どもの話を聞き洩らさないようにしようと
意識が変わってきているはずです。


そうするとね、
子どもって「真剣に聞いてくれている」ことを
感じ取るもの。

ママがちゃんと耳を傾けていることで、
変わってくることがありますよ。


いつもの子育てを
ほんのちょっと変えることで
子どもの様子がガラッと変わります。

これが
子育ての本当におもしろいところ♪



こういった
「幼稚園行きたくない」を
なんとなくやり過ごしているうちに
突然 不登校となって現れることがあります。

ちょっと気にかかる程度のうちに
先回りして問題の芽を摘むように
しましょう。



子どもの行きしぶりにお困りの方は
早めに相談を。

お問い合わせはこちら >>



スケジュール&メニュ―一覧はこちら>>

お問い合わせはこちら >>

メニューについてのご相談もお気軽に




2017年11月14日火曜日

成長とは、「できることが増えること」だけじゃない



成長は意識の方向性が大切。



成長するとできることが増える。

意識が外に向かって成長すると
できることが増えるにつれ
エゴも増長する。

それは成長過程において
必要不可欠なこと。


ある時点まで成長したら
今度は内へ向かう成長の方向性も
加える必要がある。


内側への成長とは
できることが増えてきた中で
放置してきた
自分のいたらなさ・未熟さを
認めること。


内側に向かって成長すると
謙虚さが身につく。


外へ向かって大きくエゴを伸ばすターンと
内へ向かってエゴを削いでいくターン

一見矛盾しているんだけど
そうやって均衡を保つ。


それが本当の成長。




スケジュール&メニュ―一覧はこちら>>

お問い合わせはこちら >>

メニューについてのご相談もお気軽に


2017年11月13日月曜日

【マザーワークの感想】怒りやイライラは魂の叫びであり、それを無視せず 感じて浄化してあげたい


さそり座のテーマは、「死と再生」。




ひとつのことを
深く掘り下げて圧をかけて
極まできわまったものを
大きく反転させる、
そんなエネルギーの働く期間です。

この受講者さんも、
ひとつポータルを抜けられた感があります。

文面から、
再誕のエネルギーがほとばしっていて
全文、掲載しました。

ありがとうございます。

【マザーワーク2 を受けて、気づいたこと思ったことがあれが教えてください】

してほしいという要求と、
怒り・不満がセットになっていること、
そして、それをしたいことにシフトすることで、
自分の自信に繋がっていくこと。

これらの話は画期的で、
できそうな気がしてうれしかったです。

主体的にコツコツと動くこと、達成感を感じることで、
引き寄せ体質になれること。

そして、怒りのエネルギーを、
家族や自分のためにも押さえ込んでいたことに気づき、
それをどうすればいいのかモヤモヤしていましたが、
怒りのエネルギー=命の躍動エネルギーと教えてもらい、
怒りを抑えると、命のエネルギーをも押さえ込んでしまう。

だから、人にはあたらず、自己処理で怒りを表現していいこと、
満たされていない欲求は、怒りとセットになっていて、
悪いものではなく、私に必要なもの、ということ。

ここが私の大きなポイントだったんだと思いました。

これまで、怒りを他者に表現してしまい、
お互いが嫌な気持ちになるだけだったので、
押さえ込んでしまっていたのです。

そうすることで、私は
自分のしたいこと、魂が望んでいることさえ、
自分の思いさえ感じれなくなっていたのです。
表面上も内部もポーカーフェイスを繕っていたのだと。

命のエネルギーは、万人平等にあること、
自分を動かすエネルギーに変えて行くこと。

全体的に、未来への私たちの応援歌にしか聞こえなくて、
希望しかない、、と嬉しく思いました。

怒り、なぜそう感じたのか、
深く深く見つめていく、感じてみること、これが内観なのかぁ、
そして、内観することで、その想いは浄化する、
これも納得できました。


【マザーワーク1・2を通して、印象に残った話・気づきがあれば教えてください】

「視座」というのは、ものをみる視点と立場であるというもの。
これは、今まで私がチャイルドの視座でしか、
物事をみていなかったことを気づかせてもらいました。
この視座の多さと可動性が人生の豊かさと繋がってること。

母を否定することは、わたしを否定していたということ。
脳内で置き換わって認識していること。
自己否定はここからやってきていたのか。
母にしてきたことを、他者からされたことで、
そこに気づくと、他者から同じことをされなくなったこと。

マザーワーク1では、
ひたすら現状、過去を見つめていく作業で、
マザーワーク2では、それをもとに、
希望のある方向付けをしてもらったように思います。


【受ける前と受けた後で、お気持ちや理解に変化があれば教えてください】

人の怒りを見たとき、
友達が子供を怒るのをそばで見たとき
友達の子の寂しげな顔を見たとき
自分自身が抑えきれない突き上げられる程の怒りを感じたとき
それらすべてにおいて
過剰に反応する自分がいました。

助けなきゃ、どうにかしなきゃ、
怒りをどうしたらいいかわからない。。。という反応です。

これらは、すべて、
私の幼少期 自分が母に求めたときに
払いのけられたと感じたときや
母親に、今構ってほしいときに相手にしてもらえず無視されたり
私にとっては理不尽な怒り方をされたと感じたとき
それらと今がリンクして、過剰に反応していたのだと。
幼き私を見ていたのだと思います。

ここに気づいただけでも、スッキリしました。
癒しや導きを求めていたのは、誰よりも私なんだと。

ただ、それらすべて、私の視座であり、母親のせいではない
私がそういう視点で感じた、という問題であるので
自己処理をしていくだけ、というのも、納得です。

正直、母親との関係を見直すワークは
少々うんざりだったけど
やっと、今後の方向性を認識できた気がしています。

自分で書き換えて
自分主体に生きて行くことがキーワードなんですね。

すこーーし、抜け出せた気がして、本当にホッとしてます。

心が素直に反応する出来事、
怒りやイライラ、それらは魂の叫びであり
それを自分が無視するのではなく
感じてみて、浄化してあげたい
そして、己の心に耳を傾けていてあげたい、感じたい、と。 

澄田先生から湧き出る言葉たちは、私の心にとても響きます。
ここまで、一緒に伴走してもらい、本当にありがとうございます。

まだまだ、こらからなんですが
曇ったり晴れたりしながら、自分を味わってゆきたいと思います。




2017年11月12日日曜日

【マザーワークの感想】「欲求」を表現することにセーブがかかっているということに気づけました





感情を感じにくい、
言われていることがピンとこない、
というのは、多くの方がそうなんです。

感情は水面下の世界そのもの。

足がつく絶対に安全なところで
両手を持ってあげて
「絶対に大丈夫だよー」と促しても

顔をポチャンと水面につけることができない。

顔をつけても
こわくて目が開けられない。

それが
次第に目が開けられるようになり
目を開けていられる時間が長くなり

もう少し深いところへ行ってみよう
もう少し潜ってみよう、と

少しずつ内面の世界を
探索できるようになります。

その時にガイドするのが
わたしたちカウンセラーやセラピストの役割でもあります。



コツコツと勉強されている方の感想です。

最初の頃は、
内面を話すだけでぐったり、
という感じでしたが

真摯に向き合い
仲間に励まされ
気づきがぐんと深まってこられました。

時にシビアなことをお伝えするんですが
もともと
有能でガッツのある方んでしょうね
ちゃんとついてきてくださいます。

きっとその力は開花しますよ。

ご参加、ありがとうございました。


【マザーワーク2 を受けて、気づいたこと思ったことがあれが教えてください】

「自分の未熟さを認める」
→ここのデビルちゃんをしっかりと見つめることが、
私には必要なんだと再認識しました。
ピンとこない感じ・・・、
それは私自身が自覚していないからなのだな、と。

「して欲しい」「して欲しくない」があまり書けないのは、
自分にセーブがかかっているから、ということも気づけました。

私は昔から、物に対しての欲は強いですが、
自分がこうしたいという欲はあまりなくて、
どうして出でこないのだろう・・・と思っていました。


【マザーワーク1・2を通して、印象に残った話・気づきがあれば教えてください】

友人や職場の先輩などで、
私と同様に仕事と育児と両立している人はたくさんいます。

しかし、みんなが不満を言っているわけではなく、
役割をこなしています。

それは、色々な視座を持ち、
役割を遂行されているのだなと感じました。

ワークをしなくても 自然にそう思えて行動できる人・・・

その違いって何だろう、
生まれ育った環境?
そんな素朴な疑問を感じました。


【受ける前と受けた後で、お気持ちや理解に変化があれば教えてください 】

怒りが生命エネルギーであるということ、
分かる気がします。

「芸術は爆発だ!」の岡本太郎さん、
とても強い生命エネルギーを感じる方で、
私は尊敬してます(笑)

あんな風に
一瞬一瞬を大切に日々を過ごしたいなと思います。





2017年11月11日土曜日

魔法がとけてからが愛の正念場



つきあっている時は
恋愛の魔法がかかる


結婚したら
新婚の魔法がかかる


魔法にかかっている時は
悪いことなんて見えやしない

欠点だって
いとしく見える


けれども
魔法はいつか消える



魔法が消えると
相手の醜い部分が
あらわになって

激しく嫌う。


魔法がとけてからが

愛が試される。


魔法がとけてからが

愛の正念場。



魔法がとけて見えてくる

それがあなたの
ほんとうの姿


それでも相手を愛せるか
それでも自分を愛せるか


ここからが人生の正念場





2017年11月10日金曜日

大好きは、大っ嫌いの中にある。大っ嫌いは大好きの中にある


母親の役割が
心から好きになれません、と
メールをいただいた。

わかります。
私も、母親の仕事、
9割は大嫌いです。(笑)


あーもうやってらんねー!!って
極まった瞬間に

極が反転して
よっしやー!やっぱおもれー!って瞬間がやってくる。


そんなもの、そんなものなの。





大好きは、大嫌いの中にある

大嫌いは、大好きの中にある


大好きな気持ちが極まれば
大嫌いに転じる

大嫌いな気持ちが極まれば
大好きに転じる

それは
矛盾じゃないの


想いは、対極の核から
生じている


ふたつの要素はそれぞれ
対極の核をを内包し
飲みこみ飲み込まれて 循環している


大嫌い を避けていたら
大好き は見えてこない


このことを
矛盾ではなく
真理として受け入れられたら
楽になるかもね




2017年11月5日日曜日

魂が喜ぶ、本当に美しい生き方のできる女性になる



私が自己探求の道に入ったきっかけは
スピリチュアルブームの時に
「自分のカルマ(因縁)」を解消したいと
思ったから。

単純に
「今世で頭ひとつ抜けたい」
「来世で嫌な想いしたくない」
という発想だった(笑)


わたしのカルマは
単体で存在するわけではなく

父のカルマ、母のカルマなどとも
絶妙にリンクしている。

もっとさかのぼって
会ったこともない先祖さんのが
父や母を通して
リンクしていることもある。

だから、
家系のカルマ(先祖代々の因縁)ていうのも
存在する、と思っている。

個人でどうにもできないような
たくさんの人にまたがる
大きなカルマは

ほどくときも
関わってる魂が
もう一度チームを組んで生まれてきて
「せーの!」でほどく

そんな気がする。

2006年に
父が亡くなる時がそうだったから。


ま、それも
チームの中で
気づいている人がいなければ
なしえないんだけど。


自分のこと、家系のこと
おぼろげにいろいろ見えてきたとき

すごくショックを受けたんだけど

きっと私は
そんなこと百も承知で生まれてきてる。

負けず嫌いの私は

子どもに引き継がせたくない!
子孫にツケをまわすわけにはいかない!
私が全部清算してやる!

と、強く思った。

それが、忘れもしない2012年。


「霊感あるでしょ」とか聞かれるけど
私は、見えたり聞こえたりはしない
(´・ω・`)ホントナノ


「見える、聞こえるだけが霊能力ではない。
 洞察力も霊能力の一種」

って、言った人がいて
それを聞いた時、

私に霊能力があるなら
全部コレ(洞察力)に使ってるな、って思った。


そして、今
親から子へ引き継がれるインナーチャイルドに
関わる仕事をしている私。

やるべくしてやっている、という感じ。


霊験あらたかな
メッセージを上から与えるんじゃなくて


自分で考え、自分で導き出し
自分で引き受けられる人を育てたい。

外の世界に
精神的に自立できる人を育てることで
私自身も
もう一段も二段も成長したい、という
深層の願いがかなった。


子どもに引き継がせたくない!
子孫にツケをまわしたくない!
私が全部清算してやる!

これからは
そんな美しい生き方のできる女性を育てていく。




スケジュール&メニュ―一覧はこちら>>

お問い合わせはこちら >>

メニューについてのご相談もお気軽に



関連記事

***